注目の助成金情報
こんな方はチェック!
@創業や異業種進出の為に労働者を雇い入れたい方・・・ 【中小企業雇用創出人材確保補助金】
 〜雇い入れた労働者の賃金の2分の1
   を一年間助成します。

 たとえば・・・創業に伴い3人の労働者を
         雇い入れて、各年間300万
         を賃金として払った場合。
         
        300×3=900万×2分の1

        
450万円を支給 

A、@で事業主が雇用保険受給資格者であった場合 【受給資格者創業特別助成金】
 
〜創業に伴い、@の助成金の支給を受ける
 事業主の方が、個人事業主であり、かつ、
 創業の前日まで雇用保険の受給資格者で
 あった場合、支給を受ける事が出来ます。

 たとえば〜
一人雇い入れて  80万
        二人雇い入れて
 100万
        三人以上で    
120万
B創業や異業種進出のために雇用管理制度を改善したい 【中小企業雇用創出雇用管理助成金】
  雇用管理制度の改善を図る事業にかかった
   費用の2分の1を最高100万円まで助成。
   (かかった費用が20万円以上の時)

 たとえば〜雇用管理マニュアルの作成のための
       コンサルティングに45万
C創業や異業種進出のために従業員の教育を行いたい 【中小企業雇用創出等能力開発給付金】

 従業員に能力開発、職業訓練を行った事業主に、訓練にかかった費用の4分の3、一人一コースあたり、10万まで助成します。

 また、賃金の助成では、訓練中に支払った賃金

の4分の3、一日あたり1万900円まで助成。

Dフレックス・タイムを導入しようとしている方 【受講環境整備奨励金】

 フレックスタイム制などを導入することにより、従業員に自由な時間を与え能力開発をする土俵作りを使用とする企業へ対し、その制度導入にかかった費用によって最高100万まで助成。


[戻る][ホームへ]