知らなきゃいけないんだけど、なかなか分からない経理。
皆さんの素朴な疑問から、実務につながる疑問,質問にビジネスプランが答えます。

只今、質問を募集しております。どんなに簡単な質問でも結構です。メールにてお願いします。


質問事項

会社を設立して事業を営もうとしているものですが、経理の知識などまったくと言って良いほどありません。一番はじめに何をしたら良いのでしょうか?


20年間勤めていた、大手メーカーを今年で辞め、起業して新たに事業を行うつもりです。そのときに、経理関係で何か提出しなければならないものはありますか?


青色申告とは何ですか?


ソフトウェア会社を辞め、念願のフランスパン屋をオープンしました。
そして、開店のときに、開店パーティーを開き、ご祝儀を皆さんにいただきました。
この時、経理上なにか記帳の必要はありますか?


事業を行うときは、絶対に税理士さんなどを探して顧問になってもらわなければならないのでしょうか?


私は,ある男子高校の近くでラーメン屋を営んでいる、50歳の経営者です。
先日、その高校のオーケストラ部が定期演奏会があるとのことで,その開催費を寄付してくれないか?
と言われ,いつもその高校の生徒さんがうちの店にきてくれるので、5万円を出してあげました。
このような場合、取引となり経理上何か必要になりますか?


開業するときの事務所の礼金は、どのように処理すれば良いのですか?


インターネットで商品を売り上げました。この時どのような税金がかかりますか?


開業する際に、自分の所有していた車、机を事業用として使おうと思います。
この際、会計上注意点はありますか?


社員を3人雇い入れようと思います。この時に会社として保険などに入る必要はありますか?


仕入れた商品に、欠陥、欠品がありました。どのように処理すれば良いのでしょうか?


自分で経理をやってみようと思います。初心者でも使いこなせるソフトはありますか?


会計ソフトでは、どのようなことができますか?また、どの程度の知識が必要なのでしょうか?



 1.会社を設立して事業を営もうとしているものですが、
    経理の知識などまったくと言って良いほどありません。
    
一番はじめに何をしたら良いのでしょうか?

 1.会社で経理を担当された方、又は簿記を少しでも学習された方であれば
    それほど問題はないのですが、まったく初めての経理という事ですので
    要点だけを言いしょう。

      @会社のお金と、自分のお金をはっきりを区別してください。
       つまり金庫(財布)を分けると言うことです。

      A売上代金の入金の確認・記帳を必ずしましょう。

      B様々な支払の際、領収証が発行されますので大切に保管し、記帳しましょう。
       領収証の発行がないもの(例えば、電車賃やバス代など)は出金伝票を起票し
       記帳しましょう。

      C初めての方は記帳の方法が、わからないために上の@,Aで
       つまずいてしまうかもしれません。もし、お知り合いに会計事務所の
       方がいる場合には、お願いするのも一つの方法であり、今は記帳代行
       会社がよくHP上で見うけられます。そのようなところにお願いする
       のも安心でしょう。

       

       できれば、ご自分で記帳する事が最善ですが、事業が順調になってくると
       そのような時間もなくなってくるでしょう。そのような場合は外部にアウ
       トソーシングすることも必要になるかもしれません。


 2. 20年間勤めていた、大手メーカーを今年で辞め、起業して新たに事業を
     行うつもりです。そのときに、経理関係で
何か提出しなければならないものはありますか?

 2.はい、あります。

      会計上、提出しなければならない書類としては、以下の通りです。

【所轄税務署長に提出するもの】

  1. 法人税設立届書
  2. 青色申告承認申請書(設立後3ヶ月以内)
  3. 給与支払事務所などの開設届出書
  4. 源泉所得税の納期特例承認申請書(10人未満)
  5. 消費税の新設法人に該当する旨の届出書
  6. 消費税簡易課税制度選択届出書      

【所轄都道府県税事務所長および市町村長】

  1. 法人設立届出書

 3.上で出てきている青色申告とは何ですか?

 3.申告制度には、【白色申告】と【青色申告】がありますが、大多数は
     青色申告をしています。その為には、必要な帳簿書類を備え、複式
     簿記の原則に従って決算を行うことです。

     簡単にいいますと、現金出納長・売上帳・仕入帳・手形記入帳・総勘定帳等を
     きちんと記帳するかわりに、少々の特典を与えようというものです。

     その特典としては、青色申告事業年度に発生した欠損金が5年間繰り越せます。

    当期欠損金    −100万円    申告所得     −100万円
    翌年度利益金     20万円    翌年度利益金   − 80万円
    翌々年度利益金    30万円    翌々年度利益金  − 50万円   


 4.ソフトウェア会社を辞め、念願のフランスパン屋をオープンしました。
     そして、開店のときに、開店パーティーを開き、ご祝儀を皆さんにいただきました。
     この時、経理上なにか記帳の必要はありますか?

 4.開店パーティーの費用は、当然事業の経費として計上されていると
     思われますので、ご祝儀もその事業の入金扱いとして雑収入として計上します。


 5.事業を行うときは、絶対に税理士さんなどを探して顧問になってもらわなければ
     ならないのでしょうか?

 5.いいえ、絶対と言うわけではありません。
     ご自分で記帳・決算まで出来る方はご自分で申告すればよいのであり、絶対ということは
     ありません。但し、外部に依頼している場合は、仕訳や記帳方法などが分からない時に
     気軽に質問できると言う安心感があるでしょう。


 6.私は,ある男子高校の近くでラーメン屋を営んでいる、50歳の経営者です。
     先日、その高校のオーケストラ部が定期演奏会があるとのことで,
     その開催費を寄付してくれないか?と言われ,いつもその高校の生徒さんが
     うちの店にきてくれるので、5万円を出してあげました。
     このような場合、取引となり経理上何か必要になりますか?

 6.近くの高校で、生徒さんがお客さんになっているとのことですね。

     その時、5万円寄付したとのことですので、当然、現金出納長に記帳して下さい。
     
ただし、勘定科目は交際費または寄付金となり5万円全額が経費として
     認められる訳ではありません。


 7.開業するときの事務所の礼金は、どのように処理すれば良いのですか?

 7.一般的に、礼金とか更新料というものは、一括損金のように思われますが、
     税法では違う解釈をしています。事務所賃貸の礼金は5年、更新料は賃貸契約期間
     (2年であれば2年で償却)することになります。経理処理としては前払い費用と言うことに
     なります。


 8.インターネットで商品を売り上げました。
      この時どのような税金がかかりますか?

 8.通常の売上でもネット上の売上でも法人であれば、法人の収入、個人であれば
     個人所得の収入となります。ですから法人でしたら、法人税。個人でしたら所得税の対象になります。


 9.開業する際に、自分の所有していた車、机を事業用として使おうと思います。
     この際、会計上注意点はありますか?

 9.個人の所有物と法人または個人事業の資産ははっきり分けなければなりません。
      適正な価格評価で個人から買い取るか、借用することになります。


 10.社員を3人雇い入れようと思います。この時に会社として保険などに入る必要はありますか?

 10.労災保険・雇用保険ともに労働者を1人でも雇用した場合には適用事業となり労働保険の
       加入が必要ですが、暫定任意適用事業や年齢・雇用形態などにより違います。
       健康保険では法人では1人以上、個人事業では5人以上の労働者を使用する適用事業が
       強制適用事業所となります。


 11.仕入れた商品に、欠陥、欠品がありました。どのように処理すれば良いのでしょうか?

 11.納品書と品物をその場でチェックするのが当然ではありますが、相手方との信頼関係やチェックの
       時間がないなどつい後回しにしてしまった場合、時間が経過してからですと、相手に言いにくい
       部分もあります。事業を話して相談するしかないですね。


 12.自分で経理をやってみようと思います。初心者でも使いこなせるソフトはありますか?

 12.パソコンが使える方でしたら、ほとんどのソフトは使いこなせるでしょう。
       簿記の知識がなくても、家計簿的な感じで入力できるものもあります。
       しかし、基本は簿記ですから、入力して自分で何をしているのか
       分からなくなるかもしれません。ですから、簿記の知識を身につける
       必要があると思います。


 13.会計ソフトでは、どのようなことができますか?
       また、どの程度の知識が必要なのでしょうか?

 13.毎日の記帳をパソコンで行うということであれば、日々の仕訳帳を始めとし
       現金出納帳、預金出納帳、売掛帳、仕入帳等、ほとんどの記帳が出力でき
       手書きの帳簿は必要がないでしょう。しかし仕訳の知識は必要です。


 14.初めて仕入を行いました。領収証を貰いましたが、どうしてこれを保存したほうが良いのですか?
       また、どのくらい保存しておく必要がありますか?

 14.領収証がないと言うことは、いつ、誰に、いくら、何の目的で支払ったかという証明が
       全くできません。仕入と言わず、その他の経理でも同様です。
       最近では、銀行振込が多いようですが、この場合にはすべてがはっきりしています。
       また、保存期間は7年となっています。


 15.最初あった資本金を使ってしまい、自己資金からお金を出しました。
       どのように記帳すれば良いのですか?

 15.最初、個人から借入金として処理します。会社に現預金がなくては、支払はできませんからね。
        <仕訳>  現金 ○○○○○ / 借入金 ○○○○○


【戻る】