【基礎編】


 

  1. たった1人でも会社は作れますか?

  2. 株式会社と有限会社の違いってなに?

  3. 有限責任とか無限責任とありますが、なんなんですか?

  4. 誰でも、どんな種類の会社でも作っていいんですか?


 (1)たった1人でも会社は作れますか?

  はい、作れます。株式会社を作る場合、出資者が1人以上いれば設立は出来ることとなっています。
    また、有限会社も出資者は1人以上50人以下あれば、設立する事が出来ます。
    しかし、合名会社、合資会社は1人では設立できません。出資者が2人以上いなければ
    設立できないことになっています。 


 (2)株式会社と有限会社の違いってなに?

  有限会社と株式会社はよく街を歩いていても、目に入ってきますよね。
    それでは、どこがどのように違うんでしょうか?二つの形態は、実は結構色々違ってます。
    どこが違うのかを表にしてみました。以下を見てください。有限と株式だけではなく、
    合名・合資会社との違いものっています。

会社形態の違い
  合名会社 合資会社 有限会社 株式会社
出資者の数 2人以上 2人以上 1〜50人 1人以上
所有と経営 完全に一致 一部分離 分離 分離
社員の地位 原則として経営権を
持っている。
分限責任社員
のみ経営権を持つ
経営は第3者
機関
経営は第3者
機関
社員の責任 直接無限責任 直接無限責任
間接有限責任
間接有限責任 間接有限責任
最低資本金 いくらでも いくらでも 300万円 1000万円
役員の数 社員全員 直接無限責任
社員全員
取締役1人以上
代表取締役任意
取締役3人以上
代表取締役1人以上
監査役 不要 不要 不要 必要
大会社は3人以上
なおかつ1人以上の
社外監査役から
なる監査役会の
設置が必要
持分の譲渡 無限責任社員
全員の承認が必要
無限責任社員
全員の承認が必要
社員総会の承認 原則自由

 (3)上の図で有限責任とか無限責任とありますが、なんなんですか?

  はい、それでは、まず有限責任ということから説明します。
    これは、字のごとく責任が有限ということで、例えば会社が多額の負債を抱えて
    倒産してしまった場合、有限責任だと、自分の出資した分だけ返済をすれば良い
    という事です。ですから、貴方がもし大企業の株主だとしたら、その出資した分だけ
    返済すれば、良いということになります。

     それに対して、もうお分かりと思いますが、無限責任というのは、
    出資した金額に関わらず、その出資した企業が倒産してしまえば、
    その負債が貴方のところへ返済を要求されたら、全額返済しなければ
    ならないということです。


 誰でも、どんな種類の会社でも作っていいんですか?

  起業するからといって、どんな会社でも作って良いというわけではないのです。
    専門知識が必要な業務を素人がやってしまっては、社会はとても危険になって
    しまう可能性もありますね。ですから、行政は許可や認可が必要である業種という
    ものを決めています。

     それでは、どんなものが許認可が必要なのか?ということを見てみましょう。

<許可が必要なもの>

  • 食料品など販売
  • 食肉販売
  • 魚介類販売
  • 医薬品などの販売業
  • 古物商(リサイクル商品)
  • 宝石販売

 <免許が必要>

  • 酒類販売

 <登録が必要>

  • 米穀類販売

     このように、小売業でも許可などが必要な業種があります。もし、分からないときには
    行政の方に問い合わせてみるか、ビジネスプランのような専門の会社や、税理士や
    行政書士などに聞いてみるのもよいかもしれません。